圧力下露点変換器

圧力エアやドライガス内に含まれる微量水分の測定に最適
 

圧縮空気は、ものづくりのあらゆる領域で使用されており、製品の品質を損なうおそれがあるため、湿気や水分があることは一般的に好ましくありません。

テストーの圧力下露点変換器は、圧縮空気または乾燥空気内に含まれる微量水分を測定するために設計されています。 精度が高く、長期間にわたって安定的に機能する、テストーの高分子湿度センサ (静電容量式) を搭載しています。

testo 6741 - 6744 圧力下露点変換器を使用すると、各種除湿機 (冷却式除湿機、吸着式除湿機、メンブレン式など) 内での除湿能力の低下を検知できます。 水分やゴミなどが含まれた圧縮空気がプロセスで実際に使用されると、製品の品質が何らかの形で損なわれ、多くのコストがかかる可能性がありますが、圧力下露点変換器を使用することでこのようなリスクを低減することができます。

また、除湿機に対して露点情報をフィードバックすることにより、除湿機の出力をコントロールすることができ省エネルギーに繋がります。


圧力下露点変換器ラインアップ

  • testo 6741
    • testo 6741
  • 型番:0555 6741
  • 接続:G ½″
  • 測定範囲:-45~+30℃td
  • testo 6742
    • testo 6742
  • 型番:0555 6742
  • 接続:NPT ½″
  • 測定範囲:-45~+30℃td
  • testo 6743
    • testo 6743
  • 型番:0555 6743
  • 接続:G ½″
  • 測定範囲:-45~+30℃td
  • testo 6744
    • testo 6744
  • 型番:0555 6744
  • 接続:NPT ½″
  • 測定範囲:-45~+30℃td